「ルイ13世」のサイトを正しく表示するにはCookieを有効にする必要があります。
Cookiesの詳しい説明についてはこちらをご覧ください。 同意に基づき、以下の目的でCookieが使用されます。

  • Cookieはトラッキングの目的に使用いたします。

Cookieの設定を選択してサイトにアクセスする。
デバイスで有効にするCookieを選択することができます。

Cookieはトラッキングの目的に使用いたします。
無効にする 有効にする

Cookie の詳しい説明についてはこちらをご覧ください。
蒸留

「ルイ13世」の蒸留方法

将来ルイ13世となるべきものすべてを準備するときが訪れました。

数十年の時を越えて行なわれる熟成とブレンドは、この準備をいかに完璧に行うかにかかっているのです。

最上のもの以外は無用であり、また、さまざまな決まりごとが詳細に定められています。

出発点となるのは、1~2週間かけてゆっくりと発酵させた、軽く、酸味が強く、アルコール度の低いワイン。すぐれたコニャックのもとになるのは、常にこのような性質のワインなのです。

なお、圧搾の段階で、ぶどうの種はすべて取り除いておきます。これは、今後できるオー・ド・ヴィーに不要なタンニンを発生させないためです。

次の目標となるアルコール度数70パーセントのオー・ド・ヴィー1リットルを造るには、アルコール度数7から10パーセントのこのワインが10リットル必要です。

出発点となるのは、1~2週間かけてゆっくりと発酵させた、軽く、酸味が強く、アルコール度の低いワイン。すぐれたコニャックのもとになるのは、常にこのような性質のワインなのです。

なお、圧搾の段階で、ぶどうの種はすべて取り除いておきます。これは、今後できるオー・ド・ヴィーに不要なタンニンを発生させないためです。

次の目標となるアルコール度数70パーセントのオー・ド・ヴィー1リットルを作るには、アルコール度数7から10パーセントのこのワインが10リットル必要です。

ワインが持つさまざまな特性は非常に繊細なので、早い時期に蒸留を始める必要があります。ルイ13世のもととなるオー・ド・ヴィーは常に、ぶどう酵母とぶどうの微粒子を混ぜた「澱」とともに必ず2度にわたって蒸留されます。

2回目の蒸留でできたアルコール度数70パーセントの「ハート(中留液)」から、若くて火のようなスピリッツが生まれます。これが100年後にルイ13世となる可能性を持つスピリッツです。しかし、これはあくまでも可能性に過ぎません。

ここでセラーマスターは、このアルコールの炎のような輝きの中に、卓越性を暗示する何かを探します。この段階では、専門家の鼻だけが、それらを見つけることができるのです。しかし、蒸留技師の最善の努力にもかかわらず、卓越性を暗示するものはめったに見つかりません。o-farea� ag��~ �~ 世のもととなるオー・ド・ヴィーは常に、ぶどう酵母とぶどうの微粒子を混ぜた「澱」とともに必ず2度にわたって蒸留されます。

2回目の蒸留でできたアルコール度数70パーセントの「ハート(中留液)」から、若くて火のようなスピリッツが生まれます。これが100年後にルイ13世となる可能性を持つスピリッツです。しかし、これはあくまでも可能性に過ぎません。

セラーマスターに提出されるおよそ1000種類のサンプルのうち、この特別な運命を担うために選ばれるのは、わずか12種類程度にすぎないのです。

ページトップへ戻る